くらし情報『元プロテニス選手が体験した「天皇ご一家“愛のラリー”」』

2019年11月11日 11:00

元プロテニス選手が体験した「天皇ご一家“愛のラリー”」

愛子さまも練習熱心だ。同じく夕暮れになって、サーブの練習を始めた愛子さまにも、「もうボールが見えません。次にいいサーブが入ったら、終わりにいたしましょう」と、声をかけたが、愛子さまはご自分が納得するまで、サーブを打ち続けられたという。

「高校3年生になって、愛子さまはお勉強も忙しいので、練習に参加されないことも。学校からお帰りになってから遅れて参加されることもありますが、すごくテニスがお好きでいらっしゃいます。お小さいころは、陛下とのラリーでも、なるべく続くように、陛下が簡単なボールを打ち返されていましたが、いまは力強いラリーをされます」

愛情あふれる和やかなファミリーテニスで、笑い声が絶えないという。

「両陛下はお立場も変わり、非常に多忙でプレッシャーもあると思います。だからこそ、テニスで気分転換をしていただきたいです。両陛下には『30分ほどでも参りますので、空き時間にでもテニスを続けてください』とお話ししています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.