くらし情報『元プロテニス選手が体験した「天皇ご一家“愛のラリー”」』

2019年11月11日 11:00

元プロテニス選手が体験した「天皇ご一家“愛のラリー”」

元プロテニス選手が体験した「天皇ご一家“愛のラリー”」


ポーン、ポーン!高く昇った太陽のもと、テニスコートにボールを打ち合う快音が響く。

ラケットを手に、ダブルスを組まれた天皇皇后両陛下のお相手を務めるのは、佐藤直子さん(64)だ。日本プロテニス協会に登録した初の女子プロテニスプレーヤーであり、現在は、日本スポーツ協会の監事を務めている。

陛下が力強いストロークを打ち込まれると、佐藤さんも力が入る。思わず「えい!えい!」と、声を出して打つ佐藤さんを、雅子さまが面白がって、「私もえい!」と、打ち返された。ご夫妻にも佐藤さんにも、笑いがあふれる。

「夏の練習日、水分補給の時間になると、陛下は『暑いですねぇ』と、おっしゃりながら、水を持ってきてくださいます。ふだんから御所のなかでランニングをされていますが、『ランニングの汗とテニスの汗は違いますね』と、汗が滴る爽やかな笑顔でお話しになります」

雅子さまは、「こんなに汗をかくのは、いつぶりかしら」とつぶやくと、そのまま、ご自分で「ああ、前のテニス以来ですね」と、ユーモアたっぷりに続けられた。休憩前に、佐藤さんがボール拾いを始めると、雅子さまは「直子先生だけに拾わせるわけにはいきません」と手伝ってくださったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.