くらし情報『進む新型コロナのワクチン開発、最速で4月には治療法完成か』

2020年3月29日 16:37

進む新型コロナのワクチン開発、最速で4月には治療法完成か

進む新型コロナのワクチン開発、最速で4月には治療法完成か


3月29日、東京都内の新型コロナウイルス新規感染者数は60人を超え、1日の過去最多感染者数を記録した。千葉県では、障害者福祉施設で計58人にもおよぶ集団感染を確認。感染は世界規模で広がり、東京オリンピック・パラリンピックも1年程度の延期が決まっている。

緊張感をもって事態に臨まなければならない状況が続きそうだが、新型コロナウイルスへのワクチンや治療薬は懸命な開発が続けられており、光明が差し始めているという。

「複数の国や財団で構成された感染症流行対策イノベーション連合(本部:ノルウェー)などが莫大な資金を研究機関に出資しており、世界各地で競争的に開発が進められています。ワクチンの開発スピードは史上最速で、数年単位だったものが数カ月にまで短縮されているんです」

こう語るのは、治療薬の臨床試験を主導する米国国立衛生研究所で、ウイルス研究を行う峰宗太郎医師。ワクチン開発は大量の資金や人手のみならず、最新の科学技術を投入のもと行われているという。

「米国立アレルギー・感染症研究所とモデルナ社は共同で、mRNAワクチンという全く新しいタイプのワクチンを開発しました。従来のワクチンは、弱毒化したウイルスやタンパク質を接種することで、病原体に対する抗体を体内に作らせます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.