くらし情報『桂文枝語る『新婚さん』での“椅子コケ”が始まったワケ』

2020年4月3日 11:00

桂文枝語る『新婚さん』での“椅子コケ”が始まったワケ

桂文枝語る『新婚さん』での“椅子コケ”が始まったワケ


「3月4日、僕は300作目の創作落語を発表する公演を予定していたのですが、新型コロナウイルスの感染防止のため、公演は中止に。代わりに、無観客で落語を収録した映像をYouTubeで公開しました。300年続く落語の歴史の中で、無観客の演芸場で落語をやったのは僕が初めてやないかなと思いますねぇ。無観客でやってみると、いままでは“いて当り前だった”お客さんのありがたみも、身に染みますよ」

そう笑顔で語るのは、桂文枝さん(76)。喜寿を迎える今年、「ますます落語家としての活動に身が入る」と話す。そんな文枝さんが50年間、司会として続けてきた番組が、新婚さんいらっしゃい!」(テレビ朝日系・日曜日12時55分〜)。

同番組は、’71年1月から放送がスタート。「いらっしゃ〜い!」と文枝さんのギャグによって登場する新婚夫婦が、司会陣と爆笑トークを繰り広げる様子は、いまでもお茶の間に笑顔を届けている。

『新婚さんいらっしゃい!』の醍醐味といえば、新婚さんの“ユニーク”さ。これまで登場した新婚さんは、4,500組を超える。

日曜日のお昼でありながら、新婦があっけらかんとした表情で、新婚生活の“夜”についてぶっちゃけるシーンを、一度は目にしたことがあるだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.