くらし情報『菅新政権発足で「金利」はどうなる?専門家が基本から解説』

2020年10月5日 11:00

菅新政権発足で「金利」はどうなる?専門家が基本から解説

こうしたコストが低いため、大手銀行より預金金利を多少高くすることができるのです」

【Q3】アベノミクスの「異次元の金融緩和」ってなに?

「日銀が市中にあるお金の量を大幅に増やした施策です。出回るお金の量が増えると、企業などがお金を借りやすくなるため金利は下がり、逆にお金の量が減ると借りにくくなって金利は上がります。’13年4月、日銀の黒田東彦総裁が『お金の量を2倍に増やして社会にお金を回し、2年で物価を2%上げる』と宣言しました。結果、株価は上がりましたが、物価は上がらず。そのため景気がよくなった実感は少なかったのです」

【Q4】「マイナス金利」ってどういう状態のこと?

「銀行が日銀にお金を預けると、金利が付きます。これは私たちの銀行預金と同様です。ですが、’16年1月以降、日銀は銀行のお金を預かる際、預金の一部の金利をマイナスにしました。預けたら金利が付くのではなく、逆に金利分を徴収されるのです。日銀にお金を預けると損なので、銀行が手元のお金を積極的に貸し出し、社会にお金が回るようにするのを狙ってのことでした」
銀行預金もマイナスになるの?

「いいえ、マイナス金利は日銀と銀行間のこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.