くらし情報『コロナ禍で「キレる人」急増中“この先への不安”が原因か』

2020年10月16日 06:00

コロナ禍で「キレる人」急増中“この先への不安”が原因か

コロナ禍で「キレる人」急増中“この先への不安”が原因か


「最近、街中や電車内など公共の場で怒鳴っている人を見かけませんか?実は、新型コロナウイルスの影響で、世の中に怒りっぽい人が急増しているのです」

そう語るのは『あなたのまわりの怒っている人図鑑』(飛鳥新社)の著者で、日本アンガーマネジメント協会代表理事の安藤俊介さん。安藤さんは怒りと上手に付き合うための心理トレーニング“アンガーマネジメント”の日本における第一人者だ。

なぜ、こんなに怒りっぽい人が増えているのかーー。

「怒りが生まれる仕組みは、火をつけるライターにたとえられます。燃えている炎が怒りだとすると、『〜すべき』というコアビリーフ(信念や思い込み)が着火石。そしてガスは、不安や苦しみなどのマイナスの感情、不健康やストレスなどのマイナス状態でできています。コアビリーフが裏切られると怒りの火花が散り、そこにマイナス感情・状態というガスが加わることで、怒りの炎が燃え上がるのです。このコロナ禍で、この先どうなるのだろうという不安やストレスなどのマイナスの感情・状態がたまりやすくなっています。そのせいで、以前なら少しイラッとした程度ですんだことでも、ガスが大量に注入されてボーボーと燃え上がってしまうのです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.