くらし情報『子どもに家を残したいなら「賃貸」で家賃収入を得るべし』

2020年11月11日 11:00

子どもに家を残したいなら「賃貸」で家賃収入を得るべし

不動産会社、移住・住みかえ支援機構などが入居者を募集する
(3)入居者が、不動産会社、移住・住みかえ支援機構などに家賃を支払う。または入居者が利用者に直接家賃を支払う
(4)不動産会社、移住・住みかえ支援機構などが、利用者に管理手数料を差し引いた賃料を支払う

【賃貸が向いている人】

・高齢者住宅に引っ越しても、自宅は手放したくない

【賃貸のメリット】

・持ち家を賃貸で貸すので、毎月賃料収入が得られる

【賃貸のデメリット】

・空き家になると賃料収入が得られなくなるリスクがある
・固定資産税を払い続ける
・メンテナンス費用がかかる

持ち家を活用した、セカンドライフの夢のかなえ方を菱田さんに教えてもらった。

【ケース】子どもに家を残したいC子さん(70代後半)

一軒家に一人で暮らすC子さんは、高齢者施設に移り住みたいと考えていた。

「家は子どもに残したいので、できれば売りたくないのですが、高齢者施設に入るお金がどうしても足りない。入居一時金がいらない『サービス付き高齢者向け住宅』でも、月々の費用が、あと5万円ぐらい足りないので、いい方法はないか考えています」(C子さん)
自宅は子どもに残したい、でも自分は高齢者施設に移りたいという人には、自宅を賃貸で貸し出す方法を菱田さんはお勧めする。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.