くらし情報『「社会に救いがない」新興宗教や海外に“逃避”する韓国の若者』

2020年12月31日 11:00

「社会に救いがない」新興宗教や海外に“逃避”する韓国の若者

両親と生活する年月が欧米諸国に比べ相対的に長いことが原因の一つという分析もあり、背景としては日本と似たものがあります。また、尊属殺人犯の精神疾患罹患率は40%であったという調べも出ています。

それとの因果関係は断定できませんが、受験勉強や就職活動でボロボロになった若者たちは、不良などになるのではなく、早いうちからうつ病などを患ってしまう場合が多いです。メンタルヘルス系の罹患率が高いのも、韓国の抱える闇の一つです」

■現実逃避で新興宗教に入信する若者たち

――実家にも、結婚にも、仕事にも、なかなか希望が見出せない。そんな韓国の若者たちの心の拠り所となっているものは一体なんでしょうか?

「宗教が心の支えとなっている部分も少なくないと思われます。日本の若者と較べると、信仰心を持っている人が非常に多いです。

韓国全体でも仏教徒が2割ほどなのに対し、キリスト教徒は約3割。若者たちのほとんどは二世信者ですが、自ら積極的に教会へ足を運んだり、聖書の勉強をしたりと、自発的な信仰心を持っている人も多いです」
ただ問題となっているのが、洗脳を伴う新興宗教の存在。たとえば『新天地イエス教証しの幕屋聖殿(略称:新天地)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.