くらし情報『「チェリまほ」風間監督の信念「心に触れる描写を大切に」』

2021年4月2日 15:50

「チェリまほ」風間監督の信念「心に触れる描写を大切に」

その魅力は彼の“湊愛“が生んだものです。

草川くんは貪欲で、芝居が本当に好きなんだと感じました。キャラクターの魅力を最大限に引き出そうと、台本にとらわれることなく『こうしたい』という六角としての意志をぶつけてくれました。黒沢を慕うように町田さんのすぐ側にいた姿が印象的です。

佐藤さんは違和感を大切にする人だったように思います。演じるキャラクターを深く愛しているからこそ、良い時も、悪い時も、徹底的に違和感を追求する。立ち止まって考えるのではなく、演じる中で咀嚼する。そして内にある葛藤を言葉にする気概があるからこそ、ブレずにいられる。とても繊細で強い人だと思いました」

――この作品を制作するなかで、大変だったシーンや苦労したことは?

「『心の声が聞こえる』というシーンにおいて、演じ手の芝居とカメラの呼吸を合わせるのに苦労しました。無言の状態、つまり心の声を想像しながらシーンを切り取っていく。表情や仕草から心情を読み取る、まさに見えないものを掴むような撮影でした」
――原作とドラマ、あえて変えたところなどはありますか?あれば、その狙いと変えたところをお教えください。

「心の声が聞こえる能力を能動的に使う、という安達の行為を物語序盤から後半に繰り下げました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.