くらし情報『皇后3年目へ!雅子さま歴代ドレス写真と着こなしポイント』

2021年4月19日 11:00

皇后3年目へ!雅子さま歴代ドレス写真と着こなしポイント

ティアラを際立たせる「ローブ・デコルテ」(写真:本社写真部/雑誌協会代表取材/宮内庁提供/時事通信/朝日新聞社)

ティアラを際立たせる「ローブ・デコルテ」(写真:本社写真部/雑誌協会代表取材/宮内庁提供/時事通信/朝日新聞社)



雅子さま皇后3年目へ――豪華な装いを総ざらい!「和ごころ光るドレスコレクション」と題して、ロイヤルファッションの中でも特に注目される華やかなドレスの“和の心”が麗しい装いのポイントを解説。解説してくれたのは、皇室をはじめ、セレブの装いにも幅広い知識を持つ石原裕子さん。

■ティアラを際立たせる「ローブ・デコルテ」

ローブ・デコルテは豪華なティアラやネックレスを際立たせるためのドレス。胸元や腕など肌の露出も多くシンプルに作られている。

【’93年】ご成婚

布地は金糸、銀糸を織り込んだ明暉瑞鳥錦(めいきずいちょうにしき)。ノースリーブと、ダイヤモンド形にカットされた胸元に新妻の若々しさが感じられる。

【’19年】即位後朝見の儀

半袖にハート型のVネックと皇后らしい落ち着きのあるドレスに、第一ティアラとネックレスを。

■細部に気品が宿る「ローブ・モンタント」

フォーマルな海外王室の式典では、ハイネックに長袖、ロングスカートで肌の露出を抑えたスタイルに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.