くらし情報『ワクチンの“コネ接種”が横行…経験者語った杜撰すぎる実態』

ワクチンの“コネ接種”が横行…経験者語った杜撰すぎる実態

■経験者語る杜撰な管理体制「最後まで本人確認はなく…」

冒頭の50代男性・Aさんが目撃したのもそうした現実だった。

「申し込みは非常に簡単でひょうしぬけするほどでした。連絡をくれた医療関係者に、まず名前・生年月日・住所を伝え、その数日後に接種希望日を聞かれたのです」

1回目の接種は4月中旬。まずは医療関係者が勤めている病院で接種券付き予診票を受け取ったという。

「事前に伝えた名前などが印字してあり、《新型コロナワクチンの接種は初めて受けますか》《最近1カ月以内に熱が出たり、病気にかかったりしましたか》といった質問事項にチェックを入れ、署名するぐらいです。その後、接種会場の大病院に向かいました」

Aさんは大混雑を予想し、指定された時刻より1時間も早く到着したというが……。

「受付には誰も並んでおらず、すぐに予診票を提出できました」

厚生労働省のHPにある『医療従事者等への接種について』の項目には《接種を受ける日には、「接種券付き予診票」と「本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)」を必ずお持ちになってください》と、記載されている。だが、

「氏名や住所を確認されるだろうと予想していたのですが、何もありませんでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.