くらし情報『「赤井英和の生態」でバズった“嫁アカ”佳子さん語る夫への思い』

2021年7月12日 11:00

「赤井英和の生態」でバズった“嫁アカ”佳子さん語る夫への思い

お茶目な一面を見せてくれた赤井英和さんと佳子さん(撮影:永田理恵)

お茶目な一面を見せてくれた赤井英和さんと佳子さん(撮影:永田理恵)



「ひえっ……くしょん!」

ソファにドカッと腰を沈めた邸の主が、大きくて分厚い背中を丸め、両手で顔を覆った。野太い指でも覆いきれないほど豪快なくしゃみが、雷鳴のように轟く。

「ああ、寒いんだね……」

奥でお茶の支度をしていた女性はススッとリビングまで寄ってきて、エアコンの温度を上げた。

俳優・赤井英和さん(61)とその妻・佳子さん(55)である。’80年代に、プロボクサーとして活躍した赤井さん。’87年にタレント活動を開始すると、’89年に主演した自伝的映画『どついたるねん』やトレンディドラマ出演でブレーク。『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』(’94年)で連ドラ初主演を果たした。さらに、15年ぶりとなる主演映画『ねばぎば 新世界』(監督・脚本/上西雄大)も7月10日から公開されたばかりだ。(東京・新K’s cinemaほかで全国順次公開)

計4度出演のNHK朝ドラや、ドラマ『半沢直樹』、有名企業のCMなどで人気を博し、今日に至る。

その「赤井英和」の名が、スキャンダルでもないのになぜか今年6月、ツイッターの“トレンドワード”に急浮上した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.