くらし情報『東村アキコ「ラザニアをきしめんで再現」都会に憧れた幼少期』

2021年8月2日 06:00

東村アキコ「ラザニアをきしめんで再現」都会に憧れた幼少期

部屋中に徳永英明のポスターを貼りまくったという(撮影:松蔭浩之)

部屋中に徳永英明のポスターを貼りまくったという(撮影:松蔭浩之)



「小6のとき、毎晩のように金縛りに遭っていて……。大人になってから『壁の四面すべてに人の写真を貼ると金縛りに遭う』って聞いて“ああ、なるほど”って納得したんです。当時は四面どころか、天井にも徳永英明のポスターや雑誌の切り抜きを張っていましたから」

とは、『東京タラレバ娘』や『海月姫』(ともに講談社)などのヒット作がある、漫画家の東村アキコさん(45)。

「徳永英明はフジカラーのCMで『輝きながら…』(’87年)が流れていて、いい曲だなって思っていたところ、歌番組でその姿を見て、イナズマに打たれたような感覚に。人生初の恋に落ちました。クラスにはアイドルのファンが多かったけど、私は“この人を、一生かけて追いかけよう”と。すっかりドハマリして、それから長い長いファン生活を送ることになったんです」

幼いころから東村さんはポップな曲より、“聞かせる曲”が好きだった。

「幼稚園のとき、松田聖子がデビューして、友達は帰り道に『青い珊瑚礁』(’80年)を歌っていましたが、私は空き地でひとり、誰もいない方向に向かって、野口五郎の『私鉄沿線』(’75年)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.