くらし情報『東村アキコ「ラザニアをきしめんで再現」都会に憧れた幼少期』

2021年8月2日 06:00

東村アキコ「ラザニアをきしめんで再現」都会に憧れた幼少期

いま思えば、味は一緒でしたね。おいしかった!」

そんな時代に出会ったのが、徳永英明だ。

「親戚が多くて、お正月には15万円くらい、お年玉をもらえていたんです。それで徳永英明のレコードやカセットテープを買い、ファンクラブにも入会しました。年会費は3,000円くらいだったかな」

生まれて初めて1人でコンサートに行ったのは、中1のとき。

「もちろん、徳永英明です。それまで武田鉄矢やダークダックスを親と見に行ったことはあったけど、チケットも自分で取りました。宮崎に西村楽器店という、レコード屋さんも兼ねた店があって、そこでチケットも扱っていて。発売日の朝、開店してすぐに行くと、店のおじさんが座席表の書いてあるボードを取り出して、『どこにするね?』と。空いている2列目の席があったから、『ここ!』と指さしました。すると、おじさんはその部分を赤く塗りつぶし、チケットを渡してくれて。“開店を狙って行ってよかった”って思いながら、チケットを大事に持って帰りましたね。コンサートも、全細胞が沸騰するくらい興奮して……、本当によく覚えています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.