くらし情報『千葉真一さん“億超え借金”の代償…実子3人は相続放棄で形見分けもナシ』

2021年10月25日 16:00

千葉真一さん“億超え借金”の代償…実子3人は相続放棄で形見分けもナシ

千葉真一さん“億超え借金”の代償…実子3人は相続放棄で形見分けもナシ


8月19日に亡くなった千葉真一さん(享年82)。長女の真瀬樹里(46)と、新田真剣佑(24)、眞栄田郷敦(21)の実子3人がいま直面しているのは、千葉さんの“億超え”の借金問題だという。親交のあった会社経営者は、千葉さんの経済事情をこう明かす。

「借金は総額で1億円以上あるにもかかわらず、不動産や家財など、残された財産は多くありません。ただ、高倉健さんにもらったものと、野際陽子さんと結婚していたころに手に入れた腕時計を、千葉さんはずっと大切に持っていましたが……。

君津市内の自宅も借家でしたが、『いずれは真剣佑に使ってほしい』と千葉さんは改装を進めていました。しかし、その改装費用もすべて払い終えずに、千葉さんは亡くなってしまいました」

千葉さんが残した莫大な借金について、真剣佑・郷敦兄弟と、真瀬の意向は異なっていて――。

「真剣佑さんと郷敦さん兄弟は遺産相続を放棄すると聞いています。でも真瀬さんは、『形見だけでも相続できないか』と話していました」(映画関係者)

「弁護士法人・響」の古藤由佳弁護士はこう解説する。

「相続人は、今ある財産も負債もすべて引き継ぐことになるので、借金が残されていれば、返済する義務が生じます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.