くらし情報『鈴木達央 不倫後の止まらぬ降板…“タブー破り”な情報漏洩の大きすぎた代償』

2021年12月12日 11:00

鈴木達央 不倫後の止まらぬ降板…“タブー破り”な情報漏洩の大きすぎた代償

鈴木達央 不倫後の止まらぬ降板…“タブー破り”な情報漏洩の大きすぎた代償


今年7月、「週刊文春」によって不倫が報じられた人気声優の鈴木達央(38)。8月4日に所属事務所を通じて体調不良を理由に活動休止が発表されたが、未だに復帰の兆しは見られない。

そんななか12月10日、鈴木が主人公・アノス役を務めるテレビアニメ『魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~』の第2期を降板することが発表された。本作の公式サイトによれば、《事務所様に打診をさせていただき、協議の場を設けましたが、アノス役を降板となりましたことをご報告致します》と記されている。

鈴木の不倫騒動は、報道当初から各所に大きな影響を及ぼしていた。鈴木の妻で歌手のLiSA(34)も心身疲労を理由に、夫と同じタイミングで一部ツアー公演を中止し静養期間を設ける事態となった。さらに8月下旬には「女性セブン」が鈴木の自殺未遂を報じ、余波はますます広がっていった。

「一時は生死を彷徨うほどの危篤状態だったそうですが、無事に一命を取り留めたと聞きました。ですが、ただでさえ夫の不倫にショックを受けていたLiSAさんを追い詰めてしまうことになってしまいました。

徐々に回復しつつあった鈴木さんは、8月30日に所属事務所を通じて直筆の謝罪文を公表。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.