くらし情報『スマホデビューでトラブル急増!定額話し放題のはずが通話料2万7千円の悲劇』

2022年6月29日 06:00

スマホデビューでトラブル急増!定額話し放題のはずが通話料2万7千円の悲劇

(写真:PIXTA)

(写真:PIXTA)



スマホに機種変更するシニアが増え、トラブル事例も増加中。格安スマホに乗り換えたのにかえってお金がかかった……なんてことにならないよう、対策を学ぼうーー!

シニア層のスマートフォン(スマホ)所持率が高まっている。

NTTドコモモバイル社会研究所が’22年1月に行った調査によると、スマホの所持率は60代では一昨年の69%から91%にアップ。さらに、70代でも48%から70%と急増中だ。

「スマホデビューするシニアが増えている一方で、トラブルも増加しています」

こう語るのは、ITジャーナリストの三上洋さんだ。スマホに慣れないシニアが誤操作や、不要なサービスを契約させられてしまうことによって、思わぬ散財をしてしまうケースがあるという。

そこで今回、三上さんに実際のトラブル事例と対策を教えてもらった。

【1】話し放題のはずが高額な通話料を請求された!

格安スマホに乗り換えたAさん。通話料無料のプランに加入して、長電話を楽しんでいた。数カ月後、送られてきた請求書を確認すると、2カ月で2万7000円もの通話料が発生していることに気がついた。

「これは格安スマホに乗り換えた人が起こしがちな操作ミス。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.