くらし情報『小野真弓 アコム前の仕事はドラマも食レポも自己肯定感低め』

2023年3月25日 06:00

小野真弓 アコム前の仕事はドラマも食レポも自己肯定感低め

「用もないのに渋谷に寄って、プリクラを撮ったり、マクドナルドでポテトを食べたり。そして、ほとんど毎日のようにカラオケボックスに行っていました」

必ず歌っていたのは華原朋美の曲だった。

「『I BELIEVE』(’95年)『LOVE BRACE』(’96年)『LOVE IS ALL MUSIC』(’97年)と、何でも歌いましたし、知り合いのお母さんからパート先のドラッグストアにある華原さんのポスターをもらって、部屋のドアに。“こんなにかわいく笑える女のコになりたい”と、部屋に入るたびに思っていました」

もっとも心に残っている曲が『I’m proud』(’96年)だ。

「最初に聴いたのは中3くらいでしたが、カセットテープに録音して、何度も繰り返し聴き続けた曲。メロディも好きですが、私は歌詞をすごく聴き込むタイプ。自分自身に重ね合わせていました。当時は自信がなくて、自分の将来が見えなかった時期。
大人になって経験するであろう恋愛や結婚についても、わくわくより不安が。でも、『I’m proud』を聴くと、いつか自分のことを誇れるようになれると思えました。そのためにも、自分が変わらないといけないなって」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.