くらし情報『高倉健さん死去から3年…記念碑にファン殺到で“聖地”化』

2017年11月29日 06:00

高倉健さん死去から3年…記念碑にファン殺到で“聖地”化

image


「早くもファンにとって“聖地”となっているようで、石碑ができてから毎日手を合わせる方が訪れています。先日は北海道から、昨日は東京から。みんな『やっと手を合わせることができた』と話していますね」と語るのは、高倉健さん(享年83)の知人だ。

健さんが14年11月10日に亡くなってから早3年、福岡県中間市の小松山正覚寺に記念碑が建立された。健さんの一族を祀る菩提寺で、境内には両親が眠っている。そんなルーツとなる場所でファンが手を合わせられるようにと、親族が設置を進めてきたものだった。

4日に行われた除幕式には、健さんの実妹・森敏子さん(82)の姿もあった。4人きょうだいで唯一残された彼女は「みなさんや多くのファンに支えられて今日があると思っています」と感慨深げに語っていたという。

敏子さんが感無量だったのには、理由がある。健さんには、小田貴さん(53)という養女がいた。だが生前はまったく存在を知られていなかった彼女が、親族にも知らせないまま密葬を済ませてしまった。さらに彼女が遺骨を散骨してしまったため、敏子さんは心のよりどころがない状態でこの3年間を過ごしてきたのだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.