くらし情報『ケイト・ベッキンセールが『Prisoner’s Daughter』に出演』

2021年6月2日 14:00

ケイト・ベッキンセールが『Prisoner’s Daughter』に出演

ぴあ海外ニュース


ケイト・ベッキンセールが『Prisoner’s Daughter』に出演することになった。

犯罪者としての過去を持つ男が、ひとり娘、孫と関係を修復しようとする物語。だが、自分がかつて犯した罪が、その努力の邪魔をする。ベッキンセールが演じるのはひとり娘の役。監督は『サーティーンあの頃欲しかった愛のこと』『トワイライト〜初恋〜』のキャサリン・ハードウィック。脚本はNetflixの『ノーザン・レスキュー』のマーク・バッチ。

ベッキンセールの次回作は、アクションコメディ映画『Jolt』。共演はスタンリー・トゥッチ。

文=猿渡由紀

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.