くらし情報『まもなく開幕!劇団四季最新ミュージカル『アナと雪の女王』の魅力』

2021年6月20日 11:00

まもなく開幕!劇団四季最新ミュージカル『アナと雪の女王』の魅力

最新鋭の技術による演出で“劇場が凍る”

北欧にインスパイアされた美術や雪と氷の表現は、古典的な演劇手法に加え、最新鋭のプロジェクションマッピングやLEDを使用することで実現している。

その特殊効果は“劇場が凍る”と宣伝されており、「アナ雪」の世界に劇場全体が引き込まれていくことだろう。

さらにオラフやスヴェンはパペットとして登場し、ディズニーミュージカルの伝統と革新を取り込んだ作品になる。

「ありのままで」を手がけた高橋知伽江による日本語台本と訳詞

ディズニーミュージカルの大きな特徴に、音楽がある。

アニメーション版での楽曲は使用しつつ、ミュージカル化に際し新たな楽曲を追加している。

この新曲を、『美女と野獣』や『アラジン』などではアニメーション版の作曲家アラン・メンケンが新たに手がけている。

アニメーションの音楽と継続性のある新曲でありつつ、登場人物や物語により深みを与えるミュージカルとして機能している。

『アナと雪の女王』でも、アニメーション版では「Let It Go~ありのままで~」をはじめ、「生まれてはじめて」「雪だるまつくろう」など社会現象を巻き起こした曲が目白押し。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.