くらし情報『岸谷五朗「ブロードウェイを“超える”」 ミュージカル『The PROM』に懸けた思い』

2021年3月6日 12:00

岸谷五朗「ブロードウェイを“超える”」 ミュージカル『The PROM』に懸けた思い

岸谷五朗 撮影:渡邊明音

撮影:渡邊明音



ブロードウェイミュージカル『The PROM』は、2018年にブロードウェイで開幕し、19年のトニー賞7部門にノミネート、20年12月にはメリル・ストリープやニコール・キッドマンらが出演してNetflixにて映像化された話題作だ。その『The PROM』の日本版初演は、岸谷五朗と寺脇康文率いる演劇ユニット「地球ゴージャス」が手掛け、葵わかな、三吉彩花、大黒摩季、草刈民代、保坂知寿といった豪華な顔ぶれでお届けする。地球ゴージャスにとっても、初めてのブロードウェイ作品。どんな思いでいるのか。日本版脚本・訳詞・演出、そしてバリー・グリックマン役として出演もする岸谷五朗に話を聞いた。

最初に観たときに、挑戦したいと思ったんです

――お稽古は順調ですか。

順調ですよ! でも、なかなか手強い作品です。全体的にコメディタッチで描かれているけれど、内容は芯のある作品で。楽曲は難曲が多く、激しいダンスシーンもあって、いい意味で苦戦しています。

――2019年のトニー賞をご覧になって、『The PROM』をやろうと思われたとのことですが、理由を教えてください。

コロナの前のトニー賞をニューヨークで見ることができたんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.