くらし情報『馬場良馬、高崎翔太、伊藤あさひ、宮下貴浩による4人芝居を展開 舞台「五月雨」上演決定』

2021年3月15日 16:53

馬場良馬、高崎翔太、伊藤あさひ、宮下貴浩による4人芝居を展開 舞台「五月雨」上演決定

(左から)馬場良馬、高崎翔太、伊藤あさひ、宮下貴浩


4月2日(金)より東京・シアターサンモールで、男性俳優による4人芝居が展開される舞台「五月雨」の上演が決定した。

脚本・演出を務めるのは、水野美紀演出作品「されど、」の総合演出や、馬場良馬×鈴木勝大の人気作「無人駅」シリーズの脚本・演出を務め一躍脚光を浴び、2021年上演の人気小説「怪盗探偵山猫」舞台化の脚本・演出を担う、今注目の新進気鋭の若手実力派作家、私オム。総合演出として作品を引き立てるのは、テレビドラマ『グッド・バイ』や、ゆうばり国際映画祭ファンタジスタ賞を受賞した映画『私たちのハァハァ』などの脚本を担当し、自身が脚本・演出を務める「劇団ガレキの太鼓」の主宰である舘そらみだ。さらにテレビドラマの演出をはじめ、ミュージックビデオのディレクターとして数多くの話題のムービーを生んだ映像の奇才、スミスがクリエティブ・アドバイザーとして作品に加わり、豪華演出陣が本作に携わる。

出演者には、2020年上演された舞台「ぼくらの七日間戦争」の主演の菊地英治役をはじめ、数多くの舞台・映画・ドラマで主演を務める馬場良馬。社会現象になった『おそ松さん』の舞台化「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.