くらし情報『人も動物も物も、全てがボリューミー! 『ボテロ展 ふくよかな魔法』Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中』

2022年5月20日 18:00

人も動物も物も、全てがボリューミー! 『ボテロ展 ふくよかな魔法』Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中

展示風景より


対象に極度な丸みを帯びさせて描くことで知られるコロンビア出身の美術家、フェルナンド・ボテロ。今年90歳になる彼が監修した展覧会『ボテロ展ふくよかな魔法』が、Bunkamura ザ・ミュージアムで7月3日(日)まで開催されている初期から近年まで、70点の作品の多くが日本初公開となる大規模展だ。

画家、フェルナンド・ボテロ(1932~)は南米コロンビア出身の美術家。あらゆるかたちをぷくぷくと膨らませ描く彼の画風は、とてもユーモラスで、見る人によっては皮肉めいても見える不思議なものだ。

同展は、日本では26年ぶりとなる彼の大規模展覧会。ボテロの作品をさまざまな角度から捉え、その魅力に迫っていく。

人も動物も物も、全てがボリューミー! 『ボテロ展 ふくよかな魔法』Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中

展示風景より
展覧会は6章構成。第1章「初期作品」では、独自のふくよかな作風となる前の作品を紹介する。《泣く女》はボテロが17歳のときの作品。まだ彼の特徴となる強烈なデフォルメはないものの、巨大な手や肉付きのよい足などにこれからの片鱗を伺える。

人も動物も物も、全てがボリューミー! 『ボテロ展 ふくよかな魔法』Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中

フェルナンド・ボテロ《泣く女》1949年
人も動物も物も、全てがボリューミー! 『ボテロ展 ふくよかな魔法』Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中

フェルナンド・ボテロ《バリェーカスの少年(ベラスケスにならって)》1959年
第二章「静物」では、ボテロのみっちりとした静物画を紹介する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.