くらし情報『亀田誠治×宮本亞門 「2021年のエンタメ」で目指すもの』

2021年3月26日 12:00

亀田誠治×宮本亞門 「2021年のエンタメ」で目指すもの

の源泉」だと語る。日比谷の歴史を想像し、新たな創造を作り出す街。日生劇場では、史上最年少で演出を手がけた深い縁もあり「東京、そして日本の文化にとって重要な場所」だと強い想い入れを示した。

一方、亀田誠治は日比谷を「緑の街」と評し、「野音(日比谷野外音楽堂)は大好きな会場。ステージで音を奏でると、音が東京の町中に広がっていくような至福な時間を味わえるし、日比谷公園や皇居の“緑”が与える癒し、人と人をつなぐ様子はエンタテインメントそのもの」だと声を弾ませる。セントラルパークやブロードウェイを擁するニューヨークとの共通点についても、両名は会話の花を咲かせた。

亀田誠治×宮本亞門 「2021年のエンタメ」で目指すもの

亀田誠治(左)と宮本亞門(右)

日比谷エリアが観劇に染まる「Hibiya Festival」

2018年、東京ミッドタウン日比谷開業後、初のエリアイベントとして開催された「Hibiya Festival」。2018年・2019年の2年間、オープニングショーのプロデュースを手がけた宮本は「街の中で音が出せる。その波動が広がっていくあの幸せ感は、劇場では味わえない」と屋外ならではの魅力を熱くコメント。会場となる日比谷ステップ広場は「人々を愛おしく見せる場所」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.