くらし情報『稲垣吾郎×二階堂ふみ『ばるぼら』11月20日(金)全国公開 甘美で退廃的な日本語版ポスターも』

2020年8月24日 11:06

稲垣吾郎×二階堂ふみ『ばるぼら』11月20日(金)全国公開 甘美で退廃的な日本語版ポスターも

共演陣には渋川清彦、石橋静河、美波ら国内外で活躍する豪華俳優陣が集結。監督は手塚治虫の実子であり、ヴェネチア国際映画祭デジタルアワード受賞した『白痴』や東京国際映画祭招待作品の『ブラックキス』など、独特の映画美学により国際的に評価される手塚眞が勤め、撮影監督にはウォン・カーウァイ監督作品等の映像美で知られるクリストファー・ドイルが務める。

公開に先駆け、今回日本版のポスタービジュアルと場面写真が公開された。ポスタービジュアルは海外版ポスターを踏襲し、美倉が持つペンにばるぼらが宿る絵をメインに甘美で退廃的な世界観を表現。印象的なキャッチコピー「狂気の果て。あれは幻だったのだろうかー」が添えられ、映画への期待が高まる仕上がりに。また、以下メインキャストの稲垣、二階堂に加え、手塚監督からもコメントが届いた。

●稲垣吾郎(美倉洋介役)
「都会の吹き溜まりに真実は潜んでいる。あらがえない輪廻転生の中に自分の人生もまるごと引きずりこまれていく」
そんな思いと共に今も僕の中にばるぼらが生きています。
手塚眞監督、スタッフの皆さん、そして役を共に生き抜いてくださった二階堂ふみさんをはじめとしたキャストの皆さんにも心から感謝しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.