くらし情報『東山紀之が宮本亞門と初タッグ! 舞台『チョコレートドーナツ』キャスト&メインビジュアル公開』

2020年8月27日 11:10

東山紀之が宮本亞門と初タッグ! 舞台『チョコレートドーナツ』キャスト&メインビジュアル公開

『チョコレートドーナツ』メインビジュアル


12月7日(月)〜12月30日(水)PARCO劇場にて上演される『チョコレートドーナツ』のキャストが決定し、メインビジュアルが公開された。

1979年のウェスト・ハリウッドを舞台に、ゲイの男性が育児放棄された障がいを持つ子供を育てたという実話に着想を得て製作された映画『チョコレートドーナツ(原題:ANY DAY NOW)』。社会的マイノリティが直面する問題を告発しつつ、愛と自由を求める人間の本質を描いた本作を、世界で初めて東山紀之主演、宮本亞門演出で舞台化する。

東山が演じるのは、シンガーを夢見ながら、ショーパブの“口パクダンサー”として日銭を稼ぐルディ。出口の見えない生活を送るルディは、ゲイであることを隠して生きる地方検事のポールと、隣室に住むダウン症の少年・マルコと出逢うことで変わっていく。映画ではトニー賞受賞俳優のアラン・カミングが演じたこの主人公に、東山が観客を魅惑するダンス、唄、演技で挑んだ。そしてルディと共にマルコを育てようと、世間と闘うポールを演じるのは谷原章介。ゲイのカップルであるルディとポールが悩み、迷いつつ、手を組んで世の中に立ち向かっていく。また、ダウン症の少年マルコ役として、実際にダウン症を公表している高橋永と丹下開登がダブルキャストで出演。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.