くらし情報『吉田都監督がダンサーたちとじっくり創り上げるライト版『白鳥の湖』で幕開け 新国立劇場バレエ団2021/2022ラインアップ』

2021年3月17日 12:00

吉田都監督がダンサーたちとじっくり創り上げるライト版『白鳥の湖』で幕開け 新国立劇場バレエ団2021/2022ラインアップ

『白鳥の湖』バーミンガム・ロイヤルバレエ公演より photo by Bill Cooper

photo by Bill Cooper



吉田都・舞踊芸術監督の2シーズン目となる、新国立劇場2021/2022シーズンバレエ&ダンスラインアップが発表された。

シーズン幕開けを飾るのはピーター・ライト版『白鳥の湖』<新制作>。英国らしい演劇的要素が盛り込まれ、ドラマティックな展開が楽しめる本作は、吉田の就任第1作として昨年10月に上演が予定されていたが、感染拡大により延期を余儀なくされた。「(延期になったことで)ダンサーたちと1年間一緒に仕事をしてきて、私が求める表現の仕方を少しずつ感じとってくれている。そんななかで臨めるのは良い点。深い作品づくりができるのでは」と吉田自身も期待を寄せる。

吉田都監督がダンサーたちとじっくり創り上げるライト版『白鳥の湖』で幕開け 新国立劇場バレエ団2021/2022ラインアップ

『白鳥の湖』バーミンガム・ロイヤルバレエ公演より photo by Bill Cooper
続く12月はイーグリング版『くるみ割り人形』。クリスマスシーズンの演目としてお馴染みだが、今年は初の試みとして家族が集まる年末年始を通して楽しんでもらいたいと、年明けまで上演時期を拡大。計12公演を予定している。

新春公演『ニューイヤー・バレエ』は吉田にとっても思い入れの深いフレデリック・アシュトンの『夏の夜の夢』<新制作>と、バランシン作品『テーマとヴァリエーション』のダブルビルド。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.