くらし情報『新たなる日本三大夜景「富士三大夜景」認定地も発表 『夜景サミット2019 in 静岡』レポート』

2019年10月29日 17:00

新たなる日本三大夜景「富士三大夜景」認定地も発表 『夜景サミット2019 in 静岡』レポート

新たなる日本三大夜景「富士三大夜景」認定地も発表 『夜景サミット2019 in 静岡』レポート


「夜景サミット」は、全国の夜景観光活性化に尽力する行政、民間企業が一堂に会する場として2009年から日本各地で開催しており、第11回目となる今年は10月18日、静岡のしずぎんホール ユーフォニアを会場とし、東海エリアでは初開催となった。

開催地を代表して静岡市長・田辺信宏氏の開会宣言の後、主催の(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事・丸々もとお氏が挨拶。続けて、静岡市 観光・国際交流課の主査・鈴木新一郎氏が、静岡夜景の可能性をテーマに、市内の夜景スポットの魅力と今後の取り組みを語った。

次に「夜景観光のケーススタディ」として、全国の行政・団体・民間企業から選出した夜景資源活用事例について、4つの団体がプレゼンテーションを行った。

「江ノ島電鉄株式会社」は江の島灯篭、湘南キャンドルなど江の島・鎌倉エリアの夜景観光の取り組みを紹介。「岳南電車株式会社・一般社団法人フジパク」は電車を使った様々なイベントを、「日本郵政株式会社」は夜景・イルミ・花火を題材にした日本の夜景シリーズの切手を取り上げ、最後は世界新三大夜景認定の「長崎市」がこれまでの取り組みと長崎夜景の進化について発表した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.