くらし情報『芦田愛菜、母は“絶対的な味方”「母の存在があるから頑張ろうと…」』

2021年4月21日 19:16

芦田愛菜、母は“絶対的な味方”「母の存在があるから頑張ろうと…」

芦田愛菜、母は“絶対的な味方”「母の存在があるから頑張ろうと…」

女優の芦田愛菜が21日、都内で行われた「日本郵便 2021年度 手紙 新コミュニケーション発表会」に出席した。

“手紙ナビゲーター”に就任した芦田。「私自身、家族や友達にお誕生日のときだったりに手紙を贈ることはよくしていて、手紙に親しみを持っているので、就任させていただけてすごくうれしい」と喜び、「皆さんと一緒にこれから、今の時代だからこそ、手紙を送ることの意味を考えていけたらと思います」と話した。

もらった手紙で印象に残っているものを聞かれると、「手紙はもらうとうれしくて、いただいた手紙は全部大事に箱に入れてとってある」と明かし、「便箋を選んだり、私のために時間を割いてくれたというのがうれしいですし、一人ひとり書く文字が違うので、文字からその人を近くに感じられる気がして、どれも印象的です」と語った。

そして、手紙コミュニケーションのキャッチフレーズ「誰かを想う日がやってくる。」を発表。「手紙は書いている間はその人のことを考え、その手紙の中には、普段面と向かっては言えないようなことも書いてみようかなという、書き手の思いが詰まっているものだと思うので、手紙の意味を表現したキャッチフレーズで素敵だなと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.