くらし情報『『アナと雪の女王2』監督&プロデューサーが語る制作の狙い 「完璧ではないからエルサとアナに憧れる」』

2020年3月25日 17:00

『アナと雪の女王2』監督&プロデューサーが語る制作の狙い 「完璧ではないからエルサとアナに憧れる」

『アナと雪の女王2』


全世界で社会現象を巻き起こす“奇跡”を成し遂げたディズニーの金字塔『アナと雪の女王』。その続編として、さらなる大ヒットを記録した『アナと雪の女王2』が、早くも5月13日(水)にMovieNEXと4K UHD MovieNEXで発売。それに先駆け、4月22日(水)より先行デジタル配信の購入とレンタルが開始される。この度、前作に引き続き、本作でも監督を務めたクリス・バック、ジェニファー・リー、そして、製作のピーター・デル・ヴェッコのインタビューが公開された。

インタビューでは、劇場公開時には明かされなかった、制作時の貴重なエピソードが語られた。

「続編を作るにあたり、あえて新たに挑戦したことは?」とインタビュアーに聞かれると、バックは「登場人物たちが前作から少し成長したという設定が、リスク要因でもありました。外見も前作より大人びていたので、基本的に全キャラクターの衣装を一新しました。技術的な多くの難題のなかでも、特にハイリスクの挑戦だったのは、風、火、水、地の四つの精霊です。四つの精霊をCGで創る技術がなかった、つまり、風の精や馬の形をした水の精霊をCGで創る既存の技術がなかったので、CGアーティストが自ら、新たな技術を開発することになりました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.