くらし情報『外出時はもちろん、学校・職場にも最適!保温性の高い水筒10選』

2017年11月12日 21:03

外出時はもちろん、学校・職場にも最適!保温性の高い水筒10選

水筒と一口でいってもその種類はさまざま。デザイン性に優れたものから、機能性に優れたものまで、いろいろなタイプの水筒があります。その中でも特におすすめなのは「保温性に優れた水筒」。温かい飲み物が冷める心配が少ないので、冬の時期には持っておきたい一品です。そこで今回は、保温性に優れた水筒を10個ご紹介します!寒さが厳しくなる前に、ぜひチェックしてみてください。

保温性の高い水筒が役立つ場面とメリット

目次

・保温性の高い水筒が役立つ場面とメリット
・保温性だけ?水筒を選ぶ際のポイントとは
・木目のキャップがかわいい!保温性の高いステンレス製の水筒
・保温性ばっちり!特殊な構造が特徴の水筒
・魔法瓶ならではの保温性!アルファベットが描かれた水筒
・デザインがキュート!保温性に優れたキッズ向けの水筒
・スタイリッシュなビジュアル!保温性を長時間維持できる水筒
・保温可能!愛らしい動物たちがポイントの水筒
・優秀な保温・保冷効果!ミルク瓶型の水筒
・愛嬌のあるフォルムが特徴!申し分ない保温性の水筒
・保温・保冷効果ばっちり!無地にこだわった水筒
・トロピカルなデザインが特徴!保温可能な水筒
・保温性の高い水筒を使ってみよう
外出時はもちろん、学校・職場にも最適!保温性の高い水筒10選


水筒の保温性が役立つ場面は、冬の時期です。ホットドリンクはコンビニや自動販売機で購入できますが、商品が限られていたり冷めやすかったりします。その点、保温性の高い水筒であれば自分が好きな飲み物を長い時間温かい状態で保てます。また、小さな子どもを持つお母さんであれば、お湯を持ち歩くことで外出先でもミルクを作ることが可能です。

保温性だけ?水筒を選ぶ際のポイントとは

外出時はもちろん、学校・職場にも最適!保温性の高い水筒10選


水筒を選ぶ際、特に着目すべき点はサイズです。水筒のサイズは幅広く、0.2Lをはじめ、0.35L、0.5L、1Lなどがあります。そのため、水筒をどのような場面で使用するかを考えた上でサイズを選ぶことが大切です。例えば、学校や職場に水筒を持っていくのであれば0.2~0.35Lは小さすぎます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.