くらし情報『20分でごはん!毎日のタイムチャレンジで、料理の勘と速さがUP!』

2018年9月17日 18:00

20分でごはん!毎日のタイムチャレンジで、料理の勘と速さがUP!

』です。タイトル通り、レシピを見ないで作れる料理(炒めるだけ、茹でるだけ)からチャレンジしてみましょう。次に、具沢山のお味噌汁(一汁)とメイン料理(一菜)だけというメニューです。2つの教えを意識して、20分でごはんを作ってみるといろいろな気づきに出会えます。

調理時間を決めるだけで、気づかなかったムダが見える?

筆者も、タイマーをセットして20分で調理をしています。1週間(7日)のうち、3日に1度は常備菜作りや下準備で20分以上かけていますので、実際は週3~4日になります。自分自身で「20分のタイムチャレンジ」を掲げると、いつしか、料理の勘や調理時の動線を楽にする工夫が磨かれます。特に、改善を重ねてキッチンの収納が取り出しやすく便利になりました。ほかにも、調味料のシンプル化、便利調理ツールの断捨離、調理鍋のコンパクト化にも繋がりました。

「20分でごはん」を作るというチャレンジのおかげで、料理を作りながら、ココにコレがあると便利!冷凍保存や下準備ならコレが楽!などの発見が増えます。特に、調理時間を短縮したい!料理のことで悩みたくない!とお困りのママは気持ちが楽になるヒントに出会えると思います。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.