くらし情報『【2020年最新】住宅ローンの金利は今後どうなる?動向・見通しをFPが分析』

2020年3月2日 14:00

【2020年最新】住宅ローンの金利は今後どうなる?動向・見通しをFPが分析

目次

・住宅ローンの金利タイプをおさらいしておきます
・住宅ローンの金利はどうやって決まっているの?
・今後の見通しは?情勢から金利の動向を予想する!
・住宅ローン金利の今後に関するまとめ
【2020年最新】住宅ローンの金利は今後どうなる?動向・見通しをFPが分析


https://manetasu.jp

住宅ローンの相談が多い田中です。2020年はいよいよ東京オリンピック開催ですね。そして最近はコロナウィルスの話題で持ち切りですが、今後日本はどうなっていくんでしょう?共に景気に影響する事ですね。

景気に関連して、今回はローンの中でも「金利」について書こうと思います。理由として同じ質問が結構来るからなんです。

質問は「金利って今後どうなると思います?」と聞かれます。景気の良し悪しで金利は決まりますが、将来の金利はハッキリと分かりません。しかし過去から今に至るまでを考えてみると、ある程度動向は見えてくるのではないでしょうか?

今回の記事に関しては私の見解が中心になりますが、先々の金利について触れていきたいと思います。

住宅ローンの金利タイプをおさらいしておきます

住宅ローンの金利タイプをおさらいしておきます


始めに住宅ローンの金利タイプについておさらいしておきましょう。住宅を考える際に「金利」が低い所を選びたいところですが、審査や節税などによっては多少高い金利を選択することもあります。

まずはどんな金利タイプがあるのか、平均的に今の金利水準がどの程度なのか解説しておきますね。

変動金利
変動金利は三つある金利タイプの中で最も低い金利水準になっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.