くらし情報『カードローン利用で住宅ローンの審査が通らない?仕組み・関係性をFPが解説』

2020年3月30日 14:00

カードローン利用で住宅ローンの審査が通らない?仕組み・関係性をFPが解説

逆に、この比率が高いと返済能力を疑問視されることになります。

常日頃からお金を借りては返している人にお金を貸すのはやめておこう、と個人レベルでも思いますよね。

過去にカードローンを利用していても影響があるのか
それでは、過去の実績についてはどう影響が出るのでしょうか。

「たしかに昔は生活がすさんでいて、生活も困窮していてカードローンの日常的に利用していた。しかし、最近は収入も安定して生活も落ち着き、マイホームを持てる余裕も出てきた。こんな自分でも住宅ローンに申し込んで大丈夫だろうか?」

こんな不安を抱えている方はたくさんいらっしゃるでしょう。ただ、過去は変えられませんので悩みも深いと察します。

まず、過去に借金があったとしても問題なく返済が行われていれば影響はありませんので安心してください。ただし、多重債務者となり滞納もしていたなど問題があった場合にはやはり影響は出てきます。

ですが、この場合も最後に借金をしてから5年以上経過していれば先ほどの個人借用情報の記録が消えますので、もしも心配であれば5年以上の間隔を空けた上で住宅の取得を検討するなどの対策を取れば、家を持てるかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.