くらし情報『カードローン利用で住宅ローンの審査が通らない?仕組み・関係性をFPが解説』

2020年3月30日 14:00

カードローン利用で住宅ローンの審査が通らない?仕組み・関係性をFPが解説

  • 返済比率が年収で計算して高い
  • 複数のローン会社と契約をしている
  • 限度額いっぱいまで借金をしている
  • ローン返済の期日に遅れていることが多い
  • カードローン完済後解約していない
[adsense_middle]

返済比率が年収で計算して高い
まずは、先ほどから話に出している返済比率です。審査にはこの指標が重視されますので、十分意識して申込を行う必要があります。具体的には、先述したように30%を超えると影響が出てきて最悪不合格という場合があります。

また、この比率に使用される返済金額は現状借りている額ではなく、借入上限額になりますので注意が必要です。これが、先に説明したクレジットカードのキャッシング枠やリボ払いが関係する所ですね。

なので、返済比率が25%くらいであれば安心といえるでしょう。事前に自分で計算しておくことをおすすめします。

複数のローン会社と契約をしている
複数のカードローン会社と契約をしていた場合にも、審査に悪影響を与えます。これはあくまでも契約ベースの話ですので、たとえ借金を完済していても契約を終了させずに借入枠を残しておくと、やはり悪い印象を与えてしまいます。

というのも、複数の返済があるということはそれだけ借入枠があるということですので、その上限額を全て加えるとなると自然と返済比率が高くなってしまうからです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.