くらし情報『安産祈願のお守りの種類とお礼参りでの返納について』

2018年8月30日 07:00

安産祈願のお守りの種類とお礼参りでの返納について

目次

・安産祈願を願うお守りの種類
・安産祈願のお礼参りとは
・まとめ
安産祈願のお守りの種類とお礼参りでの返納について

安産祈願の御祈祷のあと、自身で購入したり、親や友人からもらったりする「お守り」。この安産祈願のお守りには、色々な種類があることをご存知ですか?

また、無事に出産を終えたら、神様に感謝の意を伝えるための「お礼参り」にも行きたいですね。お礼参りの時期や、お守りの返納についても確認しておきましょう。

安産祈願を願うお守りの種類

安産祈願を願うお守りには、様々な種類があるんです。種類別に、使いかたについてもご紹介します。

お護摩札
お護摩札(おごまふだ)は簡単に言うとお札のこと。お護摩札にも種類があり、「木札」と「懐中紙札」があります。

安産祈願の祈祷のあとに授与されたお護摩札は、無事に出産が終わるまで、神棚があれば神棚に、なければ東か南に向けてお祀りしましょう。

腹帯・帯祝い
妊娠5ヶ月の戌の日には、丈夫で元気な子が生まれてくるようにと、安産を祈願して岩田帯をつける帯祝いというものがあります。

腹帯は妊婦さんのお腹を守ったり保温したりする役割のほか、妊婦さんがママになる自覚を持つ効果もあると言われています。安産祈願と一緒に帯祝いをされるかたもいるようです。

お護摩札やお守りと一緒に腹帯を授与する神社も見られます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.