くらし情報『パワーマットが、産業用、超小型モビリティ、ロボット、医療および通信システムへの導入コストを削減するための 600W ワイヤレス給電プラットフォームを発表』

2023年6月22日 11:00

パワーマットが、産業用、超小型モビリティ、ロボット、医療および通信システムへの導入コストを削減するための 600W ワイヤレス給電プラットフォームを発表

「インダストリー4.0向けに設計開発された業界初の手頃な価格のワイヤレス給電システムの提供は、導入コストが高い、堅牢な産業用システムにとって、大きな変革をもたらします」と、パワーマット社CEOのクフィール・アブハツィラ(Kfir Abuhatzira)氏は述べています。「産業機器は頻繁に振動したり移動したりするため、このような環境で破損したり外れたりする可能性がある充電ケーブルをワイヤレス給電技術に置き換えることで、メンテナンスとケーブル充電の両方にかかる高価なダウンタイムがなくなり、総所有コストも削減可能です。」

新しい高性能PMT350 プラットフォームは、最大58Vの入出力電圧と最大12.5Aの電流で、合計600Wの電力を供給します。低電力アプリケーションでも動作し、600W以上を必要とするアプリケーション向けに複数のモジュール構成もできます。

パワーマット社のSmartInductiveワイヤレス給電技術は、最大限の手頃な価格を実現するためにCOTSハードウェアに実装された組み込みソフトウェアを備えています。送電器Txは、エネルギーを受電器Rxにワイヤレスで送電し、受電器がエネルギーを電力に変換して、デバイスに直接電力を供給し、バッテリーを充電します。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.