くらし情報『フルリモートワークを推進するYONOHI社員が農泊ワーケーションプログラムに参加しながらラクダに乗ってきました』

2021年12月29日 10:00

フルリモートワークを推進するYONOHI社員が農泊ワーケーションプログラムに参加しながらラクダに乗ってきました

動画DXソリューションカンパニーの株式会社YONOHI(東京都渋谷区代表取締役山岡優樹)の社員が鳥取県にて開催されたワーケーションプログラム「鳥取県南部町ファミリーワーケーション」に参加しながら「ラクダに乗ってきた」ので報告します。

【フルリモートワークの推進】

YONOHIでは新しい働き方を推進しており、外に出にくいシングルマザーの方や、フルリモートを希望している方、複業を希望されている方など、次代の働き方改革を希望される方を採用しています。全国どの場所からでもインターネット環境があれば、自宅でも海外でも、好きな場所から仕事ができます。
※一部、日によって出社や出張が発生する職種があります。

【鳥取県南部町ファミリーワーケーションの概要】

「鳥取のおじいちゃん宅でほっこり過ごそう 農泊×里山 親子ワーケーション」をテーマとして、2021 年12 月3日~6 日(4 日間)南部町農泊推進協議会は、鳥取市・鳥取県南部で鳥取県南部町ファミリーワーケーションを開催しました。参加者は、東京都から親子2 組、愛知県から親子1 組、大阪府から親子1 組の計4組が参加しました。
鳥取県南部町は里山の大切さを次世代に伝えるべく、農泊として農家を開放し、第二の故郷として感じてもらうことを目指しています。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.