くらし情報『世界各国1,200以上の風景を映し出すAtmoph Window 2が、京都伝統工芸の工房、家具工場やカフェなど、職人たちが紡ぎ出す室内風景のプロジェクトを新たに始動。リリースを記念するSNSキャンペーンも開始』

2021年9月21日 13:00

世界各国1,200以上の風景を映し出すAtmoph Window 2が、京都伝統工芸の工房、家具工場やカフェなど、職人たちが紡ぎ出す室内風景のプロジェクトを新たに始動。リリースを記念するSNSキャンペーンも開始

2019年にクラウドファンディングサイトIndiegogoとMakuakeで発表した際は、総額で1億円の支援を受けました。

世界各国で自宅でのテレワークが主流になっている中、旅行に行っている気分で仕事ができると日本や海外のお客様に大変好評を得ています。また、家族で過ごすおうち時間が増えている今、窓の風景を見ながら旅行の計画を立てたり、昔の思い出を語ったりと団らんのきっかけにもなっています。

世界各国1,200以上の風景を映し出すAtmoph Window 2が、京都伝統工芸の工房、家具工場やカフェなど、職人たちが紡ぎ出す室内風景のプロジェクトを新たに始動。リリースを記念するSNSキャンペーンも開始

Atmophの今までとこれから

「窓の風景を変えることができたら」と、CEOの姜(かん)が留学中に自身の小さなアパートから、そう思ったことが全てのきっかけでした。デスクトップやタブレットに風景を映したり、試行錯誤を重ねた上にスマートウインドウという考えにたどり着きました。そして、2015年に初代Atmoph Windowを発表し、最初は3名だった会社も新しい物や旅行好きのメンバーが日本各地や海外から集まり20名ほどのチームにまで成長。

旅⾏の醍醐味は、その⼟地や国々の景⾊や⽂化を肌で感じることです。Atmophでは、現地からでしか⾒られないような 、地中海の秘境コルシカ島の幻想的な朝焼けや、現地の⼈々の⽣活や息遣いが感じられる夜のマチュピチュ村など、「そこに⾏きたい」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.