くらし情報『D.I.Yをやっている自分を好きになってもらおう!プロジェクト!後編【こんにちはD.I.Y、そしてこれからも】』

D.I.Yをやっている自分を好きになってもらおう!プロジェクト!後編【こんにちはD.I.Y、そしてこれからも】

2018年3月31日 23:15
 

 

D.I.Yを好きになってもらえないのなら・・・D.I.Yをやってる自分を好きになってもらおう!プロジェクト!

私が提案したD.I.Yをすればするほど「人にやさしくなれる」ですが、その場しのぎで発したものではない事を示していきたいと思います。

生活をしていると、家の様々なモノは傷んだり壊れたりします。例えば棚なんかでしたら折れたり割れたりしますし、壁周りなんかだと壁紙が破れたり、汚れが付着したりしますね。

D.I.Yをやっている自分を好きになってもらおう!プロジェクト!後編【こんにちはD.I.Y、そしてこれからも】


そんな時、その箇所が自分以外の人が制作してた場合「壁紙張り替えるの業者の人に頼んで大変だ」「壊れた棚と同じ型のは廃盤だし、微妙に違うサイズの棚を置くと周りのモノも動かさないとだし・・・」とフラストレーションが溜まりまくります。さらに壊したりしたのが自分以外だった場合「私は綺麗に使っていたのに、何てことしてくれたの!」と怒りをぶちまけてしまう事でしょう!一緒に生活している家族は特に壊してしまう可能性が高いので、関係性がどんどん悪くなっていくのは必然です。

しかし自分でD.I.Yしたものならどうでしょう!?「いいよ!また作るよ!」「やり方分かっているから直しておくよ~」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.