くらし情報『"小物"それは奥の深き「小さき尊き物」。【こんにちはD.I.Y、そしてこれからも 前編】』

2018年6月29日 22:00

"小物"それは奥の深き「小さき尊き物」。【こんにちはD.I.Y、そしてこれからも 前編】

「DOITYOURSELF!」たまに声に出しておかないとD.I.Yってなんだったっけ!? となっちゃいますので、誰もいないのを確認してから大きめの声で叫んでいます。

それぐらいD.I.Yが世間に浸透してきている喜ばしい事だと思っております。

さて今回は「小物」についてです。

"小物"それは奥の深き「小さき尊き物」。【こんにちはD.I.Y、そしてこれからも 前編】


こちらの鍋敷、取材にこられたお二人に、私の用意した材料と工程で作っていただきまして、今でも使っております。

コースターや鍋敷き、ペン立てやケースといった「小物」に対する皆さんの印象はどのようなものでしょうか?「短時間で出来るもの」「知識が無くても出来るもの」「番長の後ろでコバンザメの様にひっついている奴」といったところでしょうか。

そのような特徴ももちろんありますが、実はもっともっと違う一面を持った奥の深い「小さき尊き物」なのです。

ワークショップなどで「誰にでもすぐに作れる○○」みたいなのがありますが、よく考えてみてみましょう!

"小物"それは奥の深き「小さき尊き物」。【こんにちはD.I.Y、そしてこれからも 前編】


ポストは「回覧板がスッポリ入るもの」という要望を叶えたもので、回覧板が入ってる度にニンマリ。

その場にはあらかじめサイズに切り分けられた材料、作業効率に適した道具類、誰にでも出来るように工夫された手順が用意されております。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.