くらし情報『ファッションから絵画まで!なんでもアリのデザインイベント【デザインフェスタvol.50】会場レポート』

2019年12月1日 06:55

ファッションから絵画まで!なんでもアリのデザインイベント【デザインフェスタvol.50】会場レポート

目次

・ファッションから絵画までなんでもアリのデザインフェスタ
・陶器作品も充実。つくり手の個性が溢れる。
・暗いエリアのアーティストたち
・音楽をメインにしたアーティストやパフォーマーも
・こだわりブースが軒を連ねる屋外フードエリアでひと休み
・次回開催も期待大!デザインフェスタvol.51
ファッションから絵画まで!なんでもアリのデザインイベント【デザインフェスタvol.50】会場レポート


1994年にスタートし今年は25周年目にあたるアジア最大級のアートイベント・デザインフェスタ。

プロアマ・国籍・年齢・性別は一切不問。オリジナル作品であれば無審査で参加することができるアートの祭典です。春・夏・秋の年3回開催し、この冬開催で第50回目を迎えます。

今回は50回目を記念して、会場となる東京ビッグサイトの西展示棟全館に加え、南展示棟1・2ホールを追加し過去最大数となる4,500ブース・13,000人を超えるアーティストが出展。

ファッションから絵画まで!なんでもアリのデザインイベント【デザインフェスタvol.50】会場レポート


イベント初日は、開場前から長蛇の列ができる盛況ぶり!
人気ブースは早くから並ばないと売り切れてしまったり、2日間のうちどちらかの日程でしか参加しないブースもあるので、お目当のアーティストがいる場合は事前にチェックしておくのが鉄則です。

それでは、気になったブースをチェックしていきましょう!

ファッションから絵画までなんでもアリのデザインフェスタ

ファッションから絵画まで!なんでもアリのデザインイベント【デザインフェスタvol.50】会場レポート


会場はイラスト・絵画からマルチメディア、ファッション、工芸など様々なジャンルにエリア分けされますが、今回は約4,500ブースと出店数が多いためか、オールジャンルのエリアも多くありました。

【koyomi】1点もののお洋服を丁寧に。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.