くらし情報『「よしもとに入ろうかと思った」風間杜夫、芸人と映画で共演。』

2012年3月26日 18:06

「よしもとに入ろうかと思った」風間杜夫、芸人と映画で共演。

「よしもとに入ろうかと思った」風間杜夫、芸人と映画で共演。
第4回沖縄国際映画祭・長編プログラムLaugh部門出品作品の『初夜と蓮根』が26日にワールドプレミア上映され、主演の風間杜夫をはじめ、ほっしゃん。、テンダラーの浜本広晃と白川悟実ぼんちおさむモンスターエンジン西森洋一大林健二山口正紘監督の8人がそろって舞台あいさつに登壇した。

その他の写真

『初夜と蓮根』は、一見幸せそうに見える家族が、娘のあるひとことをきっかけに、本当の幸せと絆を見つけるために問題と向き合う姿を描いたホーム・コメディ。劇作家・演出家の土田英生の舞台脚本を映像化したもので、数多くの番組ディレクターを歴任し、現在は『ごきげん!ブランニュ』のチーフディレクターをつとめる山口正紘がメガホンをとっている。

ほっしゃん。ぼんちおさむ、テンダラー、モンスターエンジンといった吉本所属の芸人が多く出演することもあり、主演の風間は「僕は、東京では無口でシャイな男なんですが……なんでやねんっ! 大阪に来たらペラペラようしゃべるんやワシが! ええ加減な関西弁で(笑)」とハイテンションにあいさつ。「あまりに楽しくて、よしもとに入ろうかと思ったほどです。芸人さんたちが大好きになりました!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.