くらし情報『稲垣吾郎、TBS主催の朗読劇に出演「温かい気持ちが残るよう1行1行を大切に」』

2020年7月21日 19:02

稲垣吾郎、TBS主催の朗読劇に出演「温かい気持ちが残るよう1行1行を大切に」

稲垣吾郎、TBS主催の朗読劇に出演「温かい気持ちが残るよう1行1行を大切に」

俳優の稲垣吾郎が、8月8日から3日間にわたって東京国際フォーラム ホールCで開催されるTBS主催の朗読劇『もうラブソングは歌えない』に出演することが21日、明らかになった。

「Withコロナ」時代突入の今、まったく新しい演劇のカタチに挑戦。一流のクリエイターが書いた物語を一流の俳優陣がリーディングで演じる。このたびキャスト第1弾が発表され、佐々木蔵之介、小池栄子、稲垣吾郎、勝村政信、木村多江、りょう、門脇麦、YOU、三宅弘城、マキタスポーツの出演が明らかになった。

テーマは「男女の距離」。登場人物は男ひとりと女ひとりのふたりだけ。上演は各回2演目、2組のキャストが見られる2本立てとなっており、ひとつの作品を日によって違うキャストが演じることも。さらに、ライブ配信も決定(アーカイブ配信も決定している)。映像の世界で活躍する演出陣ならではの「ライブ配信でしか見られない工夫」も満載の舞台となる。さらなる出演者も決定し、後日発表される。

稲垣は、映画監督の三島有紀子氏が脚本・演出を手掛ける「カラマツのように君を愛す~小説『しあわせのパン』より」に出演。生きづらさを抱えた男と女が、北海道を舞台に少しずつ心を通わせていく物語で、稲垣と門脇が共演する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.