くらし情報『AAA新曲がハリウッド映画の日本版イメージソングに』

2015年1月28日 10:39

AAA新曲がハリウッド映画の日本版イメージソングに

AAA新曲がハリウッド映画の日本版イメージソングに
アメリカだけでなく世界各国で熱狂的なファンを生み出しているラブ・ストーリー『きっと、星のせいじゃない。』の日本版イメージソングをAAAが歌うことが決定した。イメージソング『Lil’ Infinity』は本作のために書き下ろされた新曲で、AAAのメッセージと楽曲が流れる予告編映像も公開になった。

予告編映像

本作は、末期ガンで学校にも行けず友達もいないヘイゼル・グレースと、片脚を切断して骨肉腫を克服したガスの切ない恋と運命を描いた作品。シャイリーン・ウッドリー(『ファミリー・ツリー』『ダイバージェント』)とアンセル・エルゴート(『キャリー』)が主演を務めている。

AAAは西島隆弘、宇野実彩子、浦田直也、日高光啓、與真司郎、末吉秀太、伊藤千晃の男女7人組で、今年9月に結成10周年を迎える。配給元の20世紀フォックス映画は「不治の病にかかった若い男女の恋愛を描きながら、眩しいくらいの明るさと、抱えきれないほどの希望をくれる本作の魅力を伝えたいと考えたとき、AAAさんの持つキラキラとした爽やかなグループイメージが想起されました」と起用理由を説明。

AAAがハリウッド映画とコラボレーションするのは初めてだが、メンバーの宇野実彩子は「『Lil’ Infinity』は人と人とのつながりや出会い、大切な人との運命を温かく歌った楽曲です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.