くらし情報『独裁者の誕生を描く『シークレット・オブ・モンスター』』

独裁者の誕生を描く『シークレット・オブ・モンスター』

独裁者の誕生を描く『シークレット・オブ・モンスター』

ブラディ・コーベット監督


昨年のヴェネチア映画祭を騒然とさせた『シークレット・オブ・モンスター』が11月25日(金)に日本でも公開。ヒトラーの少年時代を連想させる、幼い“モンスター”を描く衝撃作を監督したのは、『ファニーゲーム U.S.A.』や『メランコリア』などで俳優として活躍していたブラディ・コーベット。初の長編監督作にかけた思いを彼が語った。

その他の画像

「7歳から20年以上も俳優を続け、10代では脚本のゴーストライターもやっていた。編集の経験もあるし、僕はカメラの前に立つより、製作の工程が好きだと実感したんだ。何より、オーディションを受けて仕事をもらうより、自分で仕事をコントロールしたかった」と、監督に進出した理由を打ち明けるコーベット。かつての出演作で観たときよりも、ふっくらとした外見と、穏やかな表情から、精神的な充実感が伝わってくる。

『シークレット・オブ・モンスター』では「暴君の誕生」を描いているが「これは説教くさい作品ではないし、独裁者がなぜ生まれるのかも描いていない。
問題は、周囲が誰かに権力を与えてしまう危険性だ。ドナルド・トランプのようにね」と、コーベットは現在の社会状況への皮肉ももらす。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.