くらし情報『柿谷? 齋藤? それとも……。ニューヒーロー賞は誰の手に?』

2013年9月19日 20:02

柿谷? 齋藤? それとも……。ニューヒーロー賞は誰の手に?

蜂須賀孝治(べガルタ仙台)、富山貴光(大宮アルディージャ)、三田啓貴(F東京)、大島僚太(川崎フロンターレ)、登里亨平(川崎)、齋藤学(横浜F・マリノス)、田中輝希(名古屋グランパス)、柿谷曜一朗(セレッソ大阪)、南野拓実(C大阪)。

準決勝2試合を経て、誰が得票を伸ばすのか、まったく読めない。過去18名の受賞者を見ると(1996年のみ名波と斉藤俊秀の2名受賞)、優勝チームから8名が選ばれている。ちなみに準優勝チームからは5名、ベスト4進出チームから4名。グループリーグ敗退のチームからの選出は名波ただひとりしかいない。

得票上位選手の中で、3ゴールを決めている柿谷、南野のC大阪コンビのインパクトが際立つが、C大阪は準々決勝で敗退している。ベスト4に残っている上位得票者と言うと、大島、登里、齋藤の3人である。柏のエース・工藤壮人も23歳以下だが、柏は『ACL』で『ナビスコ杯』予選リーグをシードされた上、準決勝初戦も日本代表に帯同して出場していない。さらに10月の日本代表東欧遠征のメンバーに選ばれれば、最終投票試合となる準決勝の第2戦は不出場となる。柿谷の次にインパクトを残している齋藤も、日本代表により、準決勝2試合に出場できない可能性がある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.