くらし情報『特別な日韓戦も、特別ではない日韓戦も……。それぞれの思いを胸に10年ぶりの日韓戦へ』

2021年3月25日 12:00

特別な日韓戦も、特別ではない日韓戦も……。それぞれの思いを胸に10年ぶりの日韓戦へ

日韓戦へ向けて汗を流すSAMURAI BLUEの面々 (c)JFA

(c)JFA



SAMURAI BLUEが日本のピッチに1年4か月ぶりに立つ。国際Aマッチとしては2011年8月以来となる日韓戦が本日キックオフを迎えるのだ。

十年一昔と言うが、日韓戦の雰囲気もかなり変わって来た。3月24日、オンラインでの前日会見に臨んだ森保一監督は韓国を「お互いを高め合えるライバル、そしてアジアを引っ張っていく仲間」と評すとともに、現役時代の日韓戦を「私はコンプレックスや特別な気持ちを持たずに戦えた」と振り返った。さらに「まず試合をするにあたって勝利を目指すための準備をしたい。相手が韓国だから勝利を目指すのではなく、日本代表として活動する以上勝利を目指す。勝利という結果をサポーターに届け喜んでもらえるように、笑顔になってもらいたい。今日コンディションを確認し、明日ベストメンバーを送り出したい」とコメントした。

特別な日韓戦も、特別ではない日韓戦も……。それぞれの思いを胸に10年ぶりの日韓戦へ

森保一監督 (c)JFA
指揮官は韓国代表のイメージについて、次のように口にした。

「ダイナミックに激しく厳しくアグレッシブに戦うのがベース。攻撃ではGKからビルドアップしてチャンスを作る。守備では前線からプレッシャーをかける時、オーガナイズして制限をかけてボールを奪い、組織的に戦うというところが今の監督になってチームとして成熟してきている」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.