くらし情報『柿谷? 齋藤? それとも……。ニューヒーロー賞は誰の手に?』

2013年9月19日 20:02

柿谷? 齋藤? それとも……。ニューヒーロー賞は誰の手に?

柿谷? 齋藤? それとも……。ニューヒーロー賞は誰の手に?
『ナビスコカップ』は現在、準決勝初戦を終えて、約1か月後の第2戦を待つばかり。ここで、ニューヒーロー賞の歴史を振り返ってみたい。

「ナビスコカップ 準決勝」チケット情報

決勝を除き、日本代表の活動期間と被ることも多い『ナビスコ杯』は、若手の登竜門としても知られる。そこで、1996年に新設されたのが、準決勝までに最も活躍した23歳以下の選手に贈られるニューヒーロー賞だ。

歴代受賞者を見ると、1996年の名波浩(ジュビロ磐田、所属は受賞当時・以下同)、1998年の高原直泰(磐田)、2004年・長谷部誠(浦和レッズ)など、日本代表を支えたメンバーがズラリ。ここ数年も2009年・米本拓司(FC東京)、2010年・高萩洋次郎(サンフレッチェ広島)、2011年・原口元気(浦和)など、各チームの主力が名を連ねる。昨季は石毛秀樹(清水エスパルス)が、18歳1か月の史上最年少での受賞となった。

そもそも、ニューヒーロー賞は予選リーグから準決勝までの各試合会場にて実施される報道関係者の投票をもとに決定する。ただし、原口や石毛のような歴代受賞者は選考外となる。

準々決勝終了時の投票途中経過の上位選手は以下の通り。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.